--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.12.21 00:00


『新製品に目移りする。
薄い水色の地に、一面に白抜きでアネモネの模様が描かれた付箋。
フィンランドのデザイナーの手によるものなのだそうだ。
いったいどんな仕事をしている女性がこんなものを買うんだろう。』


カソウスキ、ってなんだろう?
bookカソウスキの行方

機械部品の卸会社に勤める28歳のOL、イリエ。
彼女は後輩のセクハラ相談につい熱くなって直談判したあげく
辺鄙な倉庫に飛ばされてしまう。
倉庫では、カタログを見ながら備品の注文をしたり、シフト表を作ったりと
「しょうもない雑用」をこなす毎日がただ過ぎてゆく。
おまけに身を寄せている友人が結婚することになり、部屋を出ていかなければならなくなり
しかたなく古くてすき間風の吹き抜ける、会社の契約アパートに引っ越す。

そんな希望の持てない毎日だけど、なにか楽しみを見つけるために
イリエは同僚の森川を好きな人に見立てようと決めます。
好きになると仮定する → 仮想好き(カソウスキ)。

なんというかとっても不思議な小説でした。
教訓めいたことはなにも残らない、かるい文章なんだけど
主人公のイリエの考えることや、会話のリズムなんかがすごく面白くて
まるで彼女のブログを覗き見てるような、彼女の日々の行動をこっそり覗いてるような。

たとえば、いつも嫌味っぽい藤村に「体調悪いんですか?」と聞かれて
「ああもう、慰めてくださいよ、泣きたいっすよ、何もいいことがないんですよ、
 せめて付き合おうとか言ってくださいよ」とまくしたてたくなったとか。

シアトルコーヒーの店で、好きでもないコーヒーをいちばん大きいサイズで頼んでしまい
「ほとんどの客がこんな固い椅子に座るのがわかってるのに、なんでこんなすごい量の
 コーヒーを出すんだろう」とひとりごとを言ってみたり。

気が進まないままショッピングモールの福引に並び、くじを引くと
なんと1等のフィンランド旅行が当たってしまい、なぜか「いいです」と言い残して
追ってくる店員を振り切って、フェイントまでかけて全速で逃げ出してしまったとか。

なんかこう抜き出してみると、おもしろさが全然伝わらないのだけど
イリエのつぶやきに沿ってみると、なんとも言えないおかしさがこみ上げてきます。
それは、あははっという笑いではなく、くくくっというひとり笑い。

このほかに、2編の短編が添えられていますが、こちらも本編に負けないくらいの
妄想&ひとりごとのオンパレード。
こういうシュールな笑いって読む人を選ぶかもしれないけど
OLさんの日常あるあるとか、そうそう!ってうなづいてしまうことも多くて
また読んでみたいなと思ったのでした。

■収録作品■
カソウスキの行方
Everyday I Write A Book
   野枝がいいなと思った男シカドには絵本作家の妻がいた。彼女が地下鉄のICカードのデザインをしたことで
   通勤のたびにそのイラストを目にするという切ない毎日。シカドの友人のオサダと会ううち次第に野枝は
   癒されてゆく。
花婿のハムラビ法典 
   ハルオの婚約者サトミは気取りがないところがいいのだが、なにせ遅刻やドタキャンが多い。
   彼はそのうちサトミの行動を数値化して手帳に書き留めるようになる。
   そして彼女の不義理1ポイントにつき自分も不義理で返すことで気持ちの整理をするのだった。

カソウスキの行方/津村記久子  145P
お気に入り度:★★★☆☆
2008年(第138回)芥川賞候補

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 津村記久子

| *その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。