--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.12.22 00:00


『「パイプカットでもしたほうがいいかもね。」と麻子が言ったので
「いやだ」と俺は答えた。
麻子と一緒に、リビングでごろごろしながら、
春の昼下がりをすごしていたときのことだ。』


クリスマスらしい表紙に惹かれました。
book最後の恋

最後の恋、をテーマにした8編のアンソロジー。
タイトルからいっても、キラキラした可愛い表紙からしても
ロマンチックな恋人同士の話が詰まっていると思いきや
実はけっこう怖いような、どきりとする話が多かったのです。
私が好きだったのは、「ヒトリシズカ」と「海辺食堂の姉妹」。
どちらもラストにどんでん返しがあって、あっと驚きます。
読んでいてドキドキして、こういうちょっとしたオチがあるのがやっぱりいいな。

■収録作品■
「春太の毎日」三浦しをん 
   俺、春太の愛する麻子のもとに最近、米倉というやつが訪ねてくる。
   どうやら恋敵らしい。麻子が愛するのは俺だけなのに・・・!
「ヒトリシズカ」谷村志穂
   北海道に暮らす瑞江は、年に数回東京の自宅に帰るのだった。
   世界を飛び回る写真家の恋人、瑠木(るき)が帰るのを部屋で待つために。
「海辺食堂の姉妹」阿川佐和子
   海沿いの食堂を切り盛りする姉妹。仲の良い二人の性格はまるで正反対だった。
   人見知りで恋に縁遠い妹を心配する姉だったが・・・。
「スケジュール」沢村凛
   子どもの頃からスケジュールが得意だった妙。24歳で恋愛して25歳で結婚するのが彼女の計画。
   しかし人生は大波。彼氏以外の男に一目ぼれしてしまった妙がとった行動は・・・。
「LAST LOVE」柴田よしき
   真由美は恋人の剛志から、最後の恋をしてしまった、と振られた。最後の恋ってなんだ!
   しかし彼女はやがて、最後の恋の意味を知る。
「わたしは鏡」松尾由美
   大学の文芸サークルの部室に、匿名の原稿が置いてあった。『わたしは鏡』と始まる、せつない恋を
   描いたその原稿の主を、比呂は探すが・・・。 
「キープ」乃南アサ
   十五歳の失恋に懲りてもう人を好きにならないと誓いの言葉を立てた私。
   それは呪いの言葉となって二十年も自分を苦しめていた。  
「おかえりなさい」角田光代
   怪しい宗教団体のパンフレットを配るバイトのため訪れたその家。
   初対面の彼に老婆は『おかえりなさい』と言い、家に上げるのだった・・・。

最後の恋/三浦しをん他 278P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 三浦しをん 谷村志穂 阿川佐和子 沢村凛 柴田よしき 松尾由美 乃南アサ 角田光代

| *アンソロジー | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。