--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.10.08 10:51


『去年の暮れから、本格的な山登りを始めました。
きっかけは、去年の夏。登山靴のソールがはがれて
新しいのを買いに登山用具店へ行ったとき
「山の先生」に出会ったのです。』


最近ちょっと興味がある山登りの本を読みました。
著者は「小学生日記」でデビューした華恵さん。
もう大学生になったんですね!
book華恵、山に行く。


ある日、偶然登山用具店で知り合った「おじさん」、今井さんと知り合って
それから何度も山登りを共にします。
ストックの使い方や雪山の登り方、ロープワーク。
彼女はたくさんのことを学び、吸収し、毎月のように山へ出かけます。

彼女の書く文章を読んでいると、とっても不思議な魅力にはまってゆくのですが
それは多分に、彼女のその素直さによると思うのです。

まだ高校生だった彼女、お父さんほど年の離れたおじさんと山にでかけ
たくさんのアドバイスを面倒がらずに聞き入れ、素直に反省する。
そうしておじさんと登った山で、また見ず知らずのおじさんと出会ったときも
彼女は、「山で出会うおじさんと気軽に話せ、笑顔を交わせるのはおじさんといっしよにいるおかげだ」と
感謝し、なつかしい気持ちに浸ってしまいます。

若い頃って、自分もそうだったけどとにかく友達同士で群れていたり
「みんながやってるから」とか「みんなと違うから」って考えで行動しがちだけど
彼女は自分のやりたいことを明確に持っていて、すがすがしくさえ思えます。

そして、いいなぁ、登山!
この本に登場した、日帰りで行ける初心者向きの低山に
さっそく行ってみたくなりました。!

華恵、山に行く。/華恵
お気に入り度:★★★★☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 華恵 エッセイ 登山

| *その他 | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。