--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.10.28 11:24


『黙々と仕事を続ける水城さんに見入っていた。
段ボールケースに腕を突っ込み、缶コーヒーを取りだしている。
腕を折り曲げたまますくい上げると、肘の内側に缶が積み上がった。
190ミリリットル缶、通称イチキュウ缶だ。』


芥川賞を受賞した、伊藤たかみさんの作品を読みました。
そして今回初めて知った事実。
伊藤たかみさんって男性だったこと。
そして角田さんの元旦那様だったということ!
book八月の路上に捨てる

自動販売機の缶補充の仕事をする敦。
先輩の水城さん(女性)とは、なんでも話し合える仲だ。
今の恋愛のこと、失恋のこと、結婚のこと。
ところが実際の妻とはなにかとかみ合わず、離婚も時間の問題であった。

・・・なんというかね、登場人物の誰一人として共感できる人がいないのですよ。
エキセントリックな妻知恵子も、行動の読めない水城さんも。
そしてなんといっても敦!はっきりしない、問題を先延ばしにする。
そのうえそういう状況から逃げるように他の女性との浮気。
少しも魅力を感じないんですよね。
みんながみんな本音を言わず、殻をかぶって生きていている感じ。

「八月の路上に捨てる」っていうタイトルも、ちょっとわからず。
いったいどういう意味だったのだろう?
全体的にちょっと期待はずれだったかな。

もうひとつの収録作品の「貝からみる風景」のほうが心に残ったな。
小さな出来事が気になってしかたない夫に、同じように好奇心を示す妻。
夜、気持ちのいい風がふくらますカーテンに包まれてベッドに寝転ぶシーンは
なんだか幻想的で好きでした。

八月の路上に捨てる/伊藤たかみ  122P
お気に入り度:★★☆☆☆
第135回(平成18年度上半期) 芥川賞受賞

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 伊藤たかみ 中編小説集

| *伊藤たかみ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。