--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.10.21 21:56


『パン屋再襲撃の話を妻に聞かせたことが正しい選択であったのかどうか
僕にはいまもって確信が持てない。
たぶんそれは正しいとか正しくないとかという基準では
推しはかることのできない問題だったのだろう。』


電車で出かける時は、文庫本が必需品です。
でないと、電車の中で手持ちぶさたで落ち着かないのです。
なのに・・・この日はうっかり忘れてしまって。
駅の売店でとりあえず買ったのがこの本でした。
bookパン屋再襲撃


何度か読んだ気がするから、家のどこかにある気がするけど。
でも久々に読んでみたくなってしまって。
村上さんの短編は、独特の世界があって大好きなのです。


夫がうっかり漏らした、過去のパン屋襲撃の話を聞いて
妻はもう一度パン屋を襲おうと言ってきかず、カローラで夜の街に出る・・・(パン屋再襲撃)

ある日、動物園から忽然と消えた象と飼育員。
その前夜の一部始終を、僕はこっそり見ていた・・・(象の消滅)

妹の婚約者と会ってくれと頼まれた兄。しかし気が進まない上に、彼が気に入らない兄は
子供っぽい小さな抵抗をする・・・(ファミリー・アフェア)

ふと手にした写真雑誌に、かつて一緒に暮らしていた双子の姉妹の姿を見つけた男は
思い出に浸り、変わった夢を見る・・・(双子と沈んだ大陸)

日曜日にはいつも日記をつける習慣のある僕。
外には嵐のように強い風が吹いていた・・・(ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起
                            ・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界)

迷子になった猫、ワタナベノボルを探して、ある路地に迷い込んだ僕は
ねじまき鳥が鳴くその露地で、不思議な少女に出会う・・・(ねじまき鳥と火曜日の女たち)


・・・・・こうやってあらすじを書くと、身も蓋もないのですよ、村上ワールドは。
ストーリーうんぬんではなくて、半分リアルで、半分空想の中、みたいな
その心もとない、半透明な空気感。
まるで、ゆるーく固めたゼリーの中を、ゆっくり前進しているような?

ここに納められたすべての作品に、そのどこかひんやりとした肌触りを感じて
短編集だというのを忘れて、彼の世界に深く入り込んでゆくのです。

ところでつい先日、日本の動物園で鹿が忽然と消えてしまったというニュースが流れました。
高い柵を越えられるわけもなく、監視カメラに怪しい人物も映っていない。
飼育員も首をかしげたこの不思議な事件。
村上ファンならきっと、まっさきにこの「象の消滅」を思い出しましたよね!

■収録作品■
「パン屋再襲撃」
「象の消滅」
「ファミリー・アフェア」
「双子と沈んだ大陸」
「ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」
「ねじまき鳥と火曜日の女たち」

パン屋再襲撃/村上春樹  234P
お気に入り度:★★★☆☆


↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 村上春樹 短編小説集

| *村上春樹 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。