--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.08.04 16:46


『今年の春くらいから、私はある思いにとりつかれていた。
仕事場が欲しい・・・・というのがそれである。
私んちは仕事場と住居がいっしょになっている。
仕事部屋にあてているのは、四畳半の和室。』


book恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。

小説にはすっかりはまっている角田さんですが、意外とエッセイはまだ
あまり読んだことがなかったのかも。
これはあるHPに連載していたものをまとめたものだそうですが
気まじめで、コツコツ型の角田さんの暮らしが垣間見えます。

作家という、会社員とはかけ離れた仕事ペースにもかかわらず
彼女は小さな仕事部屋を借りて、そこで8時半から5時まで、きっちり仕事をします。
そして12時から1時には、OLさんのようにきっちりお昼休み。
そんな生活リズムをもう何年も続けているといいます。

昔でいうと、作家って破天荒な暮らしぶりのイメージがありますが(どの時代だ?笑)
そんなふうに自分を律している彼女って、なんかいいなぁなんて思ったりして。

その他にもね、いつも流行に乗りきれなくて、話題のドラマの話についていけなくて
でも頑張って話の輪に入ろうと観はじめたドラマが、結局は当たらず
みんなの話題にものぼらなかった話とか(笑)

海水浴に行って、若い子たちの楽しげな様子を眺めながら
「私はもうあそこには戻れないのだなぁ」と、悲しいとか寂しいとかではなく
しみじみ思い知ってしまう話とか。

不器用で一生懸命生きている角田さんの暮らしぶりが目に見えるようで
なんだか可愛くて、ますますファンになってしまいました^^

そして私の「角田旅」もつづきます(笑)

恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。/角田光代  315P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 角田光代 エッセイ

| *角田光代 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

「とろ田旅」にもなってよ~(*≧∀≦*)ひひ

| とろ | URL | 2012.08.04 21:16 |

とろ田足袋?(≧∀≦)ぷぷーー

| キャラメリーナ→とろちゃん | URL | 2012.08.05 11:12 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。