--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.08.05 22:58


『アップルパイで世界的に有名な店だというのに
私はストロベリーショートケーキ、
夫はニューヨークチーズケーキを注文した。』


bookすれちがうとき聴いた歌


歌人である著者が書く小説は、日常と非日常が入り組んでいて
ちょっぴり不思議な世界。
みなそれぞれ、小さな秘密を隠し持っていて
自分の小さな世界をちんまりと楽しく生きている。
そんな他人の小世界をこっそり覗き見するような快感を覚えます。

あっさりと音楽のように流れる風景は
小説というより、それはまさに短歌の世界のようです。
それだけに小さく浅くまとまってる感が強いのが残念です。

すれちがうとき聴いた歌/枡野浩一 150P
お気に入り度:★★☆☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ


関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 枡野浩一

| *その他 | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。