--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.11.30 18:12

タイトルに惹かれて読んだ本です。お縫い子って・・?

bookお縫い子テルミー

流しのお縫い子、という聞き慣れない職を持つテルミー。
仕立てのあいだ、依頼主の元に身を寄せながら
その人の求めるものを作り上げていくという不思議な職業。

ちょっとその不思議な世界にやられたかなぁ。
なんだかぼんやりとした空想話のような読後感。。。
75ページという短さのせいもあるかも。
テルミーの恋する想いとか、もう少し共感したかったな。
あまりに現実とかけ離れていると、イマイチ入り込めなくて。

本にはいろんな楽しみ方があると思うけど
私は「そうそう!あるある!」って共感したいのでしょうね。

でも、縫い物が趣味の人ならきっと
テルミーが布を広げて、いとおしく眺めるところや
サラサラと広がる布にハサミを入れる感触などは
すごくリアルに感じられると思います!

もう1編、「ABARE DAICO(179P)」という短編も入っていますが
こちらはもっと入り込めなくて、途中で断念してしまった・・・

機会があったらまたゆっくりと、違う角度から読んでみたいです。

お縫い子テルミー/栗田有起  75P
お気に入り度:★★☆☆☆
第129回(平成15年/2003年上期)芥川賞候補
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 栗田有起

| *栗田有起 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。