--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.10.24 08:03

懲りずにまた角田さんの本を読みました。

bookおやすみこわい夢を見ないように

一見ほのぼのとした表紙の絵とは裏腹に、7つの物語からなるこの短編集の
奥底に流れる共通のテーマは「憎しみ」。
それもその人を殺したい、いなくなればいい、と思うほどの強い憎しみです。

ある主人公は、小学校のときに自分を嫌悪した担任の女教師を。
ある主人公は、別れたとたん自分をストーカー扱いする同級生の元カレを。
ある主人公は、家に引きこもり暴言を吐く我が娘を。

みなその殺意をあからさまにするほど強い人間ではないくせに
でも心の奥底では、その相手への殺意をどんどん募らせていきます。

こうして文字にすると、救いのない話に聞こえますが
結局彼らは誰をも傷つけたりしないのです。

20年もずっと憎み続けた女教師の年老いた様を見届けるために会いに行ったのに
その憎しみは、つまり彼女に愛されたかった心の裏返しだったと気付いてしまう。

嫌がらせを続ける元カレを正当防衛でやっつけようとした女子高生は
体を鍛えるうちに、その考えの虚しさに気付いてしまう。

娘と腕を組んで買い物することを夢見ていた主婦は
引きこもってぶくぶく太る娘の存在を消したいと思っていたのに
娘の心の闇にふと気付いてしまう。

こころの奥に深く立ちこめる「憎しみ」という霧は
ふと吹いてきた風に吹かれて徐々に薄くなり、どこかへ消えてしまいます。
あの思いは、もしかしたら夢だったのではないだろうか、というほど。


ふとユーミンが歌っていたあの歌を思い出しました。

昔の彼を見返すことだけを考えて どこへ行くにもおしゃれをしていたのに 
偶然再会した日に限って 安物のサンダルをはいていた
彼女もおかげで気がついたんだっけ 
彼とは縁がなかったのだと 恨むなんて虚しいことだと

人を憎むなんてやめなさい、もっとポジティブになりなさい、なんてきれいごとを言われるより
そういうことは誰にでもあるよ、でもそれはいつしか薄くなるのだよ、と言われるほうが
ずっと説得力をもって心に入ってきます。

マイナスのエネルギーが、いつしかプラスのエネルギーへ。
やっぱり今回も、角田さんの人間に対する優しい目線がうかがえて
温かい気持ちになるのでした。
すっかり「角田魔法」にかかってしまったようです。

■収録作品■
・このバスはどこへ
・スイートチリソース
・おやすみ、こわい夢を見ないように
・うつくしい娘
・空をまわる観覧車
・晴れた日に犬を乗せて
・私たちの逃亡

おやすみ、こわい夢を見ないように/角田光代  253P
お気に入り度:★★★★☆
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 角田光代 短編小説集

| *角田光代 | コメント(6) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

お久しぶりです
色々本読まれてますね♪私は最近お休み中ですが(^^ゞ
今回の本のテーマが「憎しみ?」って初め思ったのですが
キャラメリーナさんの言葉を読んでいて
そう言うことだったのねと理解しました。
マイナスのエネルギーが、プラスのエネルギーへ
これは大事な事ですよね。
角田光代さんの本 今度本屋さんで見てきますね♪

下の日記の息子さん かすり傷でよかったですね。
相手の人もすんなり認めてくれたようだし。
最近、自転車と車の事故増えてるからお互いが気をつけなきゃなんだけどね(^^ゞ


| neneri | URL | 2011.10.24 14:48 | 編集 |

http://undergermansky.blog119.fc2.com/

またまた良い本ですね。^^
子どもにも読んで欲しいような本って感じですね。
人を憎んだり恨んで一番損をして苦しむのは自分自身だって、それを言葉だけで
子どもたちに理解してもらおうとするのは難しいですよね・・・
言われたから完全に無くなるっていう感情でもないし。(^^ゞ 深いですね。
今読書中の本はキャラメリーナさんに感化されていつもと違うタイプの本を選んだ
のですが、意外にテーマが重くてちょっと・・・という感じです。笑 
興味深いですけどね!
図書館はいいですね。 本屋って売れ筋や新書が多いですもんね。
私もリストを作っていったのに、探せなかった本の方が多かったです。(ノд-。)

息子さん、軽い怪我で本当に良かったです~。
自転車・自動車、歩行者もそうですが、気をつけないといけないですよね。

| SissyR | URL | 2011.10.24 17:44 | 編集 |

neneriさん

このところリゾート満喫で、本はお休みですよね~^^
この本ね、レビューを見るとけっこうマイナスイメージが強いみたいで・・・(汗)
確かに復讐って怖い印象だけど、私はその後の気持ちの変化が印象に残ったんですよ。
ま、感想は人それぞれですからね(笑)

息子のご心配ありがとう~
もうひやひやしますよね^^;
相手の方が誠意あるかただったのでほんとよかったです!

| キャラメリーナ | URL | 2011.10.25 07:39 | 編集 |

SissyRさん

私はこの本を読んで、途中のどろどろした感情よりも
ふとしたきっかけでその気持ちが晴れるところが印象的だったんですが
レビューを見ると、怖いって感じた人が多いみたい。
ほんとに同じ本を読んでも印象に残るところってそれぞれですね!
Sissyさんは今何を読んでいるんだろう~~~気になります(笑)

今回息子はちゃんと青信号を渡ったようですが、飛び出しとかも多いしね。。。
車を運転するほうも気をつけないとですね!

| キャラメリーナ | URL | 2011.10.25 07:44 | 編集 |

こんばんは^^

ユーミンの歌は、
「Destiny」ですね。懐かしい♪

面白そうな本ですね。
実は、以前、ここでご紹介されていた、
「阪急電車」・・キャラメリーナさんの
ブログを読んで、私も買って今読んでいます。

面白いですね~。今日のブログで、
お名前を入れて、ちょこっと紹介させて
いただきました。(^^ゞ有難うございます♪
「阪急電車」の作者は、「フリーター」の
人だったんですね~途中で、気づきました。

この↑本も、読んでみますね。(*^^*)

| ramuneje | URL | 2011.10.25 20:17 | 編集 |

ramunejeさん

そうです!Destiny!
ユーミンの当時の歌って、見返してやる、とか、振り向かせる、とか
乙女には衝撃でしたよね~(笑)
でも落ち込むよりも前を向いてる歌詞が多くて元気をもらえる気がします。

この本を読んで、ずっとDestinyが浮かんでたんです。
マイナスの感情がふっと晴れる感じがなんとなく似てる気がして。

阪急電車、読んで下さったんですね~!
しかもブログで紹介してくださったなんて^^
そうなんですよ、フリーターの作者さんなんです。
あのドラマも私大好きだったので、この作者さんも私相性いいようです。
そちらにお邪魔しますね♪

| キャラメリーナ | URL | 2011.10.25 22:48 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。