--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.11.20 17:18


『ジュゼッペはみんなから「トリツカレ男」ってあだなで呼ばれている。
一度なにかにとりつかれちゃうと、もう、ほかのことには
いっさい気が向かなくなって、またそのとりつかれかたが
そう、ちょっと普通じゃないんだな。』


トリツカレ男。
ちょっと怪しいタイトルですよね(笑)

でも今まで「いしいしんじワールド」ではずれた試しがありません。

bookトリツカレ男

ジュゼッペは、なんにでもすぐにトリツカレてしまう不思議な青年。
そして一度トリツカレると、周りが一切見えずまっしぐら。

彼はある日、公園で風船売りをしている少女ペチカに
トリツカレる、つまり恋をするのですが
彼のその恋模様のひたむきなことったら!

こんなにまっすぐに人を好きになるってこと。
自分にも遠い昔にあったかなぁ。
なんてね、浸ってしまいました(笑)

振り向いてもらいたい、と思うより
その人の笑顔が見たい、その人の望みをかなえてあげたい、という
純粋な気持ちって、とってもすがすがしい。

彼がそれまでトリツカレた、オペラや探偵ごっこ、外国語、潮干狩り
サングラス集め、使い古しの切手集め。
それらひとつひとつがペチカを笑顔にしていくエピソードが
ほんわか心を和ませます。

ちょっぴり泣けて、ちょっぴり微笑ましくて。
今回もいしいしんじさんのおとぎ話のような透明感のある美しい世界でした。

トリツカレ男/いしいしんじ  160P
お気に入り度:★★★☆☆


関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : いしいしんじ

| *その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

いしいしんじさん、この方も初めて聞く作者さんです。
私、キャラメリーナさんの読書記事でいろんな作者さんに出会ってます(^^) 感謝♪
透明感のある美しい世界、私もいつか覗いてみたいです!
今からまだ未定の里帰りの本リスト作っておかなきゃ。笑

| SissyR | URL | 2011.11.20 21:53 | 編集 |

SissyRさん

私も最近けっこう読書してるのに、まだ読んだことない作者さんがいっぱい!
一度読んで面白かった方のも続けて読みたいし、もどかしくて(笑)
いしいしんじさんの本は独特な世界ですよ~
恋愛小説とも違うし、ミステリーや推理小説でもない。
まさにおとぎばなし、って感じのほのぼの系です。
特にこのトリツカレ男は、アンデルセンとか、グリムなどのヨーロッパの童話を思い出します。
短いので、Sissyさんあっという間に読んじゃいそうですよ(笑)

| キャラメリーナ | URL | 2011.11.21 19:07 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。