--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.09.12 09:01

庭にローズマリーの木が何本かあります。
寒さや暑さ、乾燥にも強いので、ぐんぐん伸びて
どんどん増えていきます。

昔からヨーロッパでは、聖母マリアが愛用していたとも、
また悪魔払いとして花嫁が一枝身につけていたなどとも言われ
とても愛されていたことがわかります。

また、「若返りのハーブ」や「記憶のハーブ」などと呼ばれ
その芳香は気分を和らげる効果もあるそうですよ。

実際、庭で手入れをしていてその香りが手につくと
とてもいい香りがいつまでも残って落ち着くんですよね~

料理の香りづけにもとても重宝するので
相性のいいチキンとじゃがいもと合わせてシンプルな蒸し料理によくされます。

このレシピは、池澤夏樹さんの小説の中に登場した料理です。
食いしん坊の私は、小説の中の料理シーンに敏感^^
小説の中では、鶏肉とじゃがいものぶつ切りを、一緒に鍋で蒸し焼きしていましたが
香ばしさを出すために、鶏肉を最初に焼いてみました。

『チキンとポテトのローズマリー焼き』

チキンポテトローズマリー

≪材料≫ 2~3人分
・鶏もも肉 1枚
・じゃがいも 小4~5個
・ローズマリー 1枝
・塩、こしょう
・オリーブオイル 大さじ1~2

≪作り方≫
<1>鶏もも肉は3cm角くらいに切り、塩、こしょう少々。
<2>じゃがいもは皮をよく洗い、むかずに小さいものは2~4つに
  大きめのものは6~8つのくし型に切る。
<3>テフロンのフライパン、またはルクルーゼなどの厚手の鍋に
  油をひかずに鶏肉を焼き色がつく程度に焼き、いったん取り出しておく。
 ここでは中まで火が通らなくてもOKです。
<4>ペーパータオルで鶏の脂をふき取り、オリーブオイルを足してじゃがいもを
  入れ、裏を返しながらやく。
<5>少し色づいてきたら、鶏肉を上に乗せるように戻し、ローズマリーを散らし
  ふたをあまり開けずに蒸し焼きにする。
<6>最後に塩、こしょうする。

≪おまけ≫
・じゃがいもはじっくりと両面焼き付けるとカリっとして美味しいですよ
・余ったローズマリーは、ビンに入れてオリーブオイルにつけておくと
 ハーブオイルとして重宝します

↓レシピはコチラにものせています。
Cpicon チキンとポテトのローズマリー焼き by キャラメリーナ
 
***********************************************
↓応援クリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

関連記事

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

タグ : ハーブ 本の料理

| *肉 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

チキンとポテトのローズマリー焼き
おいしそう
素敵なお料理嬉しいですね

| ryuji_s1 | URL | 2008.09.20 13:39 | 編集 |

ryuji_s1さんへ

コメントありがとうございます!
さきほどryuji_s1さんのブログにおじゃましてきました。
とっても素敵ですね~~♪
それにプロ級のお料理がたくさん!
これからもちょくちょく参考にさせてくださいねi-178

| キャラメリーナ | URL | 2008.09.20 22:13 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。