--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.12.22 00:00


『「パイプカットでもしたほうがいいかもね。」と麻子が言ったので
「いやだ」と俺は答えた。
麻子と一緒に、リビングでごろごろしながら、
春の昼下がりをすごしていたときのことだ。』


クリスマスらしい表紙に惹かれました。
book最後の恋

最後の恋、をテーマにした8編のアンソロジー。
タイトルからいっても、キラキラした可愛い表紙からしても
ロマンチックな恋人同士の話が詰まっていると思いきや
実はけっこう怖いような、どきりとする話が多かったのです。
私が好きだったのは、「ヒトリシズカ」と「海辺食堂の姉妹」。
どちらもラストにどんでん返しがあって、あっと驚きます。
読んでいてドキドキして、こういうちょっとしたオチがあるのがやっぱりいいな。

■収録作品■
「春太の毎日」三浦しをん 
   俺、春太の愛する麻子のもとに最近、米倉というやつが訪ねてくる。
   どうやら恋敵らしい。麻子が愛するのは俺だけなのに・・・!
「ヒトリシズカ」谷村志穂
   北海道に暮らす瑞江は、年に数回東京の自宅に帰るのだった。
   世界を飛び回る写真家の恋人、瑠木(るき)が帰るのを部屋で待つために。
「海辺食堂の姉妹」阿川佐和子
   海沿いの食堂を切り盛りする姉妹。仲の良い二人の性格はまるで正反対だった。
   人見知りで恋に縁遠い妹を心配する姉だったが・・・。
「スケジュール」沢村凛
   子どもの頃からスケジュールが得意だった妙。24歳で恋愛して25歳で結婚するのが彼女の計画。
   しかし人生は大波。彼氏以外の男に一目ぼれしてしまった妙がとった行動は・・・。
「LAST LOVE」柴田よしき
   真由美は恋人の剛志から、最後の恋をしてしまった、と振られた。最後の恋ってなんだ!
   しかし彼女はやがて、最後の恋の意味を知る。
「わたしは鏡」松尾由美
   大学の文芸サークルの部室に、匿名の原稿が置いてあった。『わたしは鏡』と始まる、せつない恋を
   描いたその原稿の主を、比呂は探すが・・・。 
「キープ」乃南アサ
   十五歳の失恋に懲りてもう人を好きにならないと誓いの言葉を立てた私。
   それは呪いの言葉となって二十年も自分を苦しめていた。  
「おかえりなさい」角田光代
   怪しい宗教団体のパンフレットを配るバイトのため訪れたその家。
   初対面の彼に老婆は『おかえりなさい』と言い、家に上げるのだった・・・。

最後の恋/三浦しをん他 278P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 三浦しをん 谷村志穂 阿川佐和子 沢村凛 柴田よしき 松尾由美 乃南アサ 角田光代

| *アンソロジー | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.12.10 21:00


『出ていって、と言おうとして、一瞬迷い、
出ていってやる、と言いなおした。
聡史は少し驚いた顔で私を見た。
出ていって、と言われると身構えていたんだろう。
出ていってやる、ともう一度、今度は声を大きくして言った。
携帯電話と財布を握りしめ、寝室にいってコートを着、毛糸の帽子を目深にかぶる。』


book私らしくあの場所へ

角田さんの短編が収録されているということで、偶然手に取った本でしたが
なんとこないだのアンソロジー「あなたと、どこかへ」と同じく
自動車メーカーの協賛企画本でした・・・またドライブの話ばかり(笑)
企画本ってちょっととってつけたような部分があるのだけど
その中で、角田さんの作品はダントツによかったなぁ。
この主人公の気持ち、すごくすごく共感できるのです。
人と人が一緒に暮らすのって、けっこう大変。ひとりの方が断然気楽なのだ。
けれどいざひとりになってみると、ぽっかり穴があいたような気分になってしまったり。
なんかそんな気持ちをふと思い出してしまって、読んでいてきゅんとしてしまった。

やっぱりすごいな、角田サン。
なんでもない風景を切り取って、気持ちを汲み取り、文章にしてしまう。
角田さんの書くものは、読む人を置いてきぼりにもしないし、まどろっこしい気分にもさせない。
いつもいつもすーっと染み込むような自然さが残るのです。
あー、まるで角田さんに恋をしているような私です(笑)

その他に収録されている作品は・・なんだか普通でした(私には)。

そうそう、この本、栞が凝っててとても可愛かった。
book私らしくあの場所へ2

■収録作品■
「ふたり」角田光代
   夫とのささいな喧嘩から家を飛び出した私。
   自由を満喫しているのに、なぜか思い出すのは不自由な幸せ。
「ゆうれいトンネル」大道珠貴
   年の離れたミナミとドライブデートを重ねる僕は、車の揺れに、彼女に身をゆだねる。
   そし帰ったら山ももパイを作ろう。
「風になびく青い風船」谷村志穂
   貯金をはたいてパリに渡り、小さなアパートに暮らす35歳の佐枝子。
   彼女のそばには犬のブランと、クリーム色の小さな車。 
「たとえ恋は終わっても」野中柊
   透との久々の再会。そして2カ月ぶりのドライブ。
   そこここに終わった恋を感じてしまう。悲しいけれど。
「BORDER」有吉玉青
   ボストンでただ流されてゆく日々。私は何がしたいのだろう。
   ボーダー(国境)を超えれば何か変わるのだろうか?
「遠ざかる夜」島本理生
   ふと見つけてしまった手紙。怪しい電話。
   彼が見せた誠実と、私がずっと抱えていた不安の行き先は。

私らしくあの場所へ/角田光代ほか  117P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 角田光代 大道珠貴 谷村志穂 野中柊 有吉玉青 島本理生

| *アンソロジー | トラックバック(0) | |

2012.10.28 11:11


『たぶんかなり無秩序な、無論ひどく偏った、
でもどう見ても力強いアンソロジーです。
力強すぎるかもしれません。』


book活発な暗闇

詩ってむずかしいですよね。
自分に酔ってるようなのって、こっちが恥ずかしくなったりしちゃって。
だからふだんほとんど読むことはないのです。

そんな私が何気なく手に取ったこの本。
和洋さまざまな詩人たちの宝石のような作品を、江國さんが拾い集めたのですが
それらは日常に散りばめられた風景の一コマのような心地良さなのです。

中でも特に印象に残ったのは、恋する娘を見守る母の目線の「娘とアップルパイ」。
おそらく訳ありの恋をしている娘。そしてそんな娘が、冬の朝にアップルパイを焼いている。
そんな姿を見て母は、「いいではないか、娘が彼を愛するのなら」と自分に言い聞かせるのです。
私は母の気持ちになったり、娘の気持ちにもなって、とってもとっても深い愛を感じるのです。

それから、シンプルな言葉で恋人たちのロマンスを書いた「夜のパリ」。
    闇の中でひとつずつ磨るマッチ
    はじめのはあなたの顔をいちどに見るため
    次のはあなたの眼を見るため
    最後のはあなたの唇を見るために
    そしてあとの暗闇はそれらすべてを想い出すために
    あなたをじっと抱きしめながら。

素晴らしくないですか!
このくらい潔い言葉ってすごく心に残ります。

逆に疲弊した恋を描いた「朝の食事」もまた、私の中にひっかかりました。
おそらく小さなテーブルをはさんで、朝食を食べるふたり。
コーヒーにミルクを落とし、かき混ぜ、飲んで。
煙草のけむりでわっかを作って、灰を落として。
そしてレインコートを着て雨の街に出ていく彼。
その間、私には何も言わず、私のほうを見ず。
そして頭をかかえて泣く私。
朝の冷え切った部屋に流れる沈黙が、刺さるように痛く感じました。


ほかに気になったのは、ウンベルト・サバ、ブローティガン、中原中也など。
江國香織さんって、小説はあまり読んだことがなかったけど
彼女が選んだ詩を見ていると、その感性にすごく共感するところがある気がします。
今度はじっくりと小説も読んでみよう!

活発な暗闇/江國香織編  164P
お気に入り度:★★★★☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

↓自分の覚書用に収録作品を記載しました。

続きを読む

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 江國香織 詩集 アンソロジー

| *アンソロジー | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2012.10.21 21:54


『正月用に買ってきたはずのインスタント食品は、正月が来るまえに食べてしまう。
「正月用に買って来たんだろ?」と呆れて訊けば、
「この即席感に、つい負けちゃうのよね」と言いながら
目のまえで冷凍の肉まんなんかをレンジでチンする。』


bookあなたとどこかへ

自動車メーカーのサイトに連載されたものをまとめた本のようです。
どれもドライブがテーマになった短編が8つ。

バブル時代を過ごしたた私にとって、ドライブ=デート、なんだけど(笑)
ここでのドライブの相手は、夫婦だったり、母娘だったり、ひとりだったり。
皆なにかもやもやしたものを抱えていたり、昔の恋の再燃にときめいていたり。
そして、車というひそやかな密室はそのまま、さまざまな結末へと走り出すのです。

この中で私が好きだったのは、角田さんの姉弟の話。
恋人にふられ、仕事も辞めてひきこもっていた私を、弟がドライブに誘うのです。
最初は面倒から悪態をつきながら渋々付き合う私でしたが
ぽつぽつと子供の頃の思い出を話すうち、弟の本当の優しさに気付くのです。
私には弟がいないから、なんだかうらやましくなってしまって。

反対に、ちょっと理解できなかったのが、片岡さんの作品。
昔一世風靡された作家さんですが、私は読んだことがなかったのです。
でもストーリーがどうというより、この方の文体が私には合わず・・・・
なんかね、英語をむりやり直訳したようなまどろっこしさ。
たとえば、「一昨日から始まった、そしていまその三日目をこうしてひとりで自動車で旅をしている、一週間にわたる休暇を取るために、彼はひと月にわたって奮闘しなければならなかった。わずか一週間という時間を空けるために、文字どおり彼は奮闘した。」というところ。
何度読んでも意味がわからなくて^^;
一週間、とか、奮闘した、とか何度出てくるんだ・・・
最初から最後までずっとこんな感じ。相性の問題なのかなぁ。


■収録作品■
「乙女座の夫、蠍座の妻」吉田修一
「時速四十キロで未来へ向かう」角田光代
「本を読む旅」石田衣良
「慣れることと失うこと」甘糟りり子
「この山道を・・・」林望
「娘の誕生日」谷村志穂
「遠い雷、赤い靴」片岡義男
「夜のドライブ」川上弘美

あなたと、どこかへ。eight short stories  205P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 吉田修一 角田光代 石田衣良 甘糟りり子 林望 谷村志穂 片岡義男 川上弘美

| *アンソロジー | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.10.13 20:30


『いつものこと、と思っていた。
二十時三十分に父の属するクラブに集合。いつものことだ。
ただ、祝うべき何かがあるのか、思い当らなかったけどそれだって、たまにあることだ。
集まって、そのときようやく祝うべき何かがもったいぶって発表される。』


bookチーズと塩と豆と

図書館の棚で並んでいるのを、なんとなくタイトルに惹かれて手に取りました。
そしたら私の好きな角田さんが収録されたアンソロジーだったので
ワクワクして借りてきました!

最初の章を読み始めて、ん!?と妙な違和感を感じました・・・
この4つの物語は、ヨーロッパ各地を舞台に、その地に暮らす女性を描いていて
つまり登場人物や背景、文化などすべて異国の世界。
角田さんはスペインのバスク地方を、井上さんはイタリアのピエモンテ州。
森さんはフランスのブルターニュ地方を、江國さんはポルトガルのアレンテージョ地方を。

その中でいちばん印象的だったのは、森絵都さんの「ブレノワール」。
フランスでも「地の果て」と呼ばれる田舎、ブルターニュ。
その故郷での迷信や呪縛、外の世界に交わろうとしない人々の頑なさに嫌気がさした主人公は
シェフの修行のため、パリへと飛び出します。
黒麦粉のしょっぱいクレープや豚の腸詰にうんざりしていたのに
次第に故郷への思いや、反発していた母への思いが、まるで氷が解けるように
あたたかく溶けだしていく様が、しっくりと心に残りました。

その他はあまり共感できるものはなかったけど、江國さんの「アレンテージョ」は
まるで映像を見ているように鮮やかな夏の風景を描いていたし
オレンジを食べたときの指の香り、甘いシロップ漬けの黄色い菓子の香りなど
嗅覚もじゅうぶんに刺激されて、美しい映画を見ているようでした。


■収録作品■
「神様の庭」角田光代
   アイノアは、何かというと家族親戚で集まって食事をする習慣が我慢できない。
「理由」井上荒野
   年の離れた教師カルロと恋をしたアリダは幸せだった。
   周囲は非難したけど、そして彼は目を覚まさないけれど。
「ブレノワール」森絵都
   ジャンは古臭い迷信に縛られる故郷が、家族がうんざりしていた。
   洗練されたパリで料理の修業をしたがやはり故郷への思いはなくしていなかった。
「アレンテージョ」江國香織
   ルイシュとマヌエルは、旅先のホテルでさまざまな人に出会う。

チーズと塩と豆と/角田光代他  200P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 角田光代 井上荒野 森絵都 江國香織 アンソロジー

| *アンソロジー | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.09.25 06:52


『閉店間際に入ってきた客が、六千ユーロ近い買い物をし
その免税手続きにすっかり手まどってしまった。
おかげで店を出るのが閉店の八時を過ぎて
寒さに由利はぶるっと身を縮めた。』


「パリ」をテーマにした6編が納められた短編集を読みました。
bookパリよこんにちは

「KIZAEMON」
パリで日本料理店を開いたお坊ちゃまを彼に持つ由利。
店をたたんで帰国するという彼に、恋の終わりを感じとってしまう。
ラストの彼女の行動は突然すぎて、よくわからなかったなぁ。

「パリの裸の王様」
取材としてパリに出張した椎名氏。
華やかなホテル業界と、マスコミの渦にもみくちゃになるが・・・
文章は面白いけど、このアンソロジー本の中では浮いてる!?

「心はいつもそばにいる」
親の再婚旅行にいやいや同行する11歳のしおりの物語と、
しおりが出会ったタクシー運転手サイードと妻みゆきの物語。
みゆきはかつての不倫相手の事故の知らせを受けて帰国する。
でもみゆきの心の揺れよう、ひどすぎると思う!

「夜ごとの美女」
パリでデザインの勉強をしているマルタンは、毎晩街角ですれ違う美少女ミレーユに恋をする。
二人はやがて親しくなるが、彼の先生の横恋慕から淡い恋は引き裂かれ、
彼は肺を患い故郷に帰ってしまう。
40年ぶりにパリを訪れたマルタンは、ミレーユがかつて暮らした骨董屋の店先で
ミレーユの秘密を知る・・・

「東京がパリになる日」
2つ下の賢太郎と付き合う史恵。
親から仕送りしてもらいながら、史恵のアパートに転がりこんでいて
自分でお金を出す気なんてさらさらないのに、毎晩コンビニに行きたがったり
パリに行きたいなんて言いだしたり。
読んでいるこちらは、そんな馬鹿男だめだよー!って叫びたくなるんだけど
ほんとは彼女もうすうすわかってるんだよね。でもそこを見たくないっていうか。
ラストも決して明るくないんだけどね、なんかよかった。
綺麗事でごまかすようなラストじゃ興ざめだもの。

「婚前」
結婚式まであと1か月というある日、亜季子と久雄のもとに謎のビデオテープが届けられる。
差出人も、ビデオラベルもないそのテープに、ふたりはそれぞれ自分の過去に思いを巡らせ
誰かが自分を貶めようとしているのではと怯える。
そのビデオテープの正体はとっても意外なものだったのですが
それにしても次から次へと出てくる二人の過去は、ちょっと笑えるほど。
そしてある意味とっても怖い!

巻末にパリの地図が載っていて、6人の作家のおすすめポイントが記されているのが
ちょっと嬉しかったです。

■収録作品■
「KIZAEMON」林真理子
「パリの裸の王様」椎名誠
「心はいつもそばにいる」盛田隆二
「夜ごとの美女」松本侑子
「東京がパリになる日」狗飼恭子
「婚前」唯川恵

パリよ、こんにちは/林真理子 他 226P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 林真理子 椎名誠 盛田隆二 松本侑子 狗飼恭子 唯川恵

| *アンソロジー | |

2012.08.23 21:00


『おふくろは猛反対した。
実家に急きょ呼びつけられた僕も
「やめといたほうがいいんじゃない?」と言った。
本音ではもっと強く、なに考えているんだよ、
まったくもう、とあきれはてていた。
だが、親父の決意は揺るがなかった。』


ひとつのテーマに沿って、いろんな作家が短編を書くアンソロジー本は
最近けっこうはまって読んでいます。
今まで縁がなく、読んだことのなかった作家さんに出会えるのが魅力です。

この本のテーマは「仕事」。
bookそういうものだろ、仕事っていうのは

この本に描かれている6つの物語の中で
私がいちばん興味を惹かれたのは、重松清さんの書いたもの。

定年を間近に控えた父親が、ある日突然、早期退職をして
駅の立ち食い蕎麦屋で働きたいと言い出すのです。

妻も息子も、「なぜ?」と思うばかり。
そして家族の反対にも、頑として自分の意見を曲げない父。
そのかたくなさの向こうには、どんな父の思いがあるのか。

それを父本人ではなく、息子はある人から知らされるのです・・・


それにしても自分が携わった仕事に比べて
世間にはなんとさまざまな仕事があるものか。

自分の知らない仕事が、どんなものなのか
そこで働く人がどんな思いで仕事をしているのか。

そんな「知らない世界を覗いてみたい」気持ちって
多かれ少なかれ、みんなあるんじゃないかしら。

そんなあれこれがちらりと覗ける、興味深いアンソロジー本でした。


*収録作品*
「ホームにて、蕎麦」重松清
「あの日。この日。そして。」野中柊 
「ハート・オブ・ゴールド」石田衣良
「バルセロナの窓」大崎善生
「きみがつらいのは、まだあきらめていないから」森田隆二
「職場の作法」 津村記久子

そういうものだろ、仕事っていうのは 318P
お気に入り度:★★★☆☆

↓ぽちっとお願いしますっ
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 重松清 野中柊 石田衣良 大崎善生 森田隆二 津村記久子

| *アンソロジー | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。